【2019年1月FP3級学科試験】問31:係数

2019年1月に実施されましたFP3級学科試験の問31の問題(係数)と解答・解説です。

問題31:係数

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

現在保有している資金(元金)を一定の利率によって複利運用しながら毎年一定金額を一定の期間にわたり取り崩していくときの毎年の取崩し金額を計算する場合、資金(元金)に乗じる係数は、( )である。

  1. 資本回収係数
  2. 減債基金係数
  3. 年金終価係数

【解答・解説】

現在保有している資金(元金)を一定の利率によって複利運用しながら毎年一定金額を一定の期間にわたり取り崩していくときの毎年の取崩し金額を計算する場合、資金(元金)に乗じる係数は、資本回収係数です。

解答:1

≫2019年1月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材