【2019年1月FP3級学科試験】問47:退職所得控除額

2019年1月に実施されましたFP3級学科試験の問47の問題(退職所得控除額)と解答・解説です。

問題47:退職所得控除額

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

給与所得者が、22年間勤務した会社を定年退職し、退職金2,000万円の支払を受けた。この場合、所得税の退職所得の金額を計算する際の退職所得控除額は、( )となる。

  1. 800万円+70万円×(22年-20年)×1/2=870万円
  2. 800万円+40万円×(22年-20年)=880万円
  3. 800万円+70万円×(22年-20年)=940万円

【解答・解説】

勤続年数20年超の者が受け取る退職手当等に係る退職所得の金額の計算上、

退職手当等の収入金額から控除する退職所得控除額は、「800万円+70万円×(勤続年数-20年)」となります。

ですので、800万円+70万円×(22年-20年)=940万円が、退職所得控除額となります。

※例えば、退職所得控除額における勤続年数を計算する際、その計算した期間に1年未満の端数が生じたときは、これを1年として勤続年数を計算することになります。

解答:3

≫2019年1月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材