【2級FP】問19損害保険商品~2018年5月学科試験

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2018年5月に実施されました2級FP学科試験の問19の問題(損害保険商品)と解答・解説です。

問19 損害保険商品

【問題】

損害保険を活用した家庭のリスク管理に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 子が自転車を運転中の事故により他人にケガをさせて法律上の損害賠償責任を負うリスクに備え、家族傷害保険に個人賠償責任補償特約を付帯して契約した。
  2. 国内旅行中の飲食による細菌性食中毒で入院や通院をするリスクに備え、国内旅行傷害保険を契約した。
  3. 勤めている会社が倒産することにより、失業して所得を失うリスクに備えて、所得補償保険を契約した。
  4. 海岸近くに自宅を新築したので、地震による津波で自宅が損壊するリスクに備えて、火災保険に地震保険を付帯して契約した。

【解答・解説】

  1. 適切。
    家族傷害保険は、本人の加入で、家族全員の傷害を補償します。 また、個人賠償責任補償特約は、個人またはその家族が、日常生活の偶然な事故により、他人にケガをさせたり他人の物を壊したりして、法律上の賠償責任を負担された場合に被る損害を補償します。
  2. 適切。
    国内旅行傷害保険は、国内旅行行程中(住居を出発してから帰宅するまで)の傷害や、細菌性食中毒も補償の対象となります。
  3. 不適切。
    所得補償保険は、病気やケガによって就業不能となった場合に喪失する所得が補償されます。失業して所得を失っても補償されません。
  4. 適切。
    火災保険だけでは地震・噴火・津波による損害は補償されません。地震等による損害を補償するためには、火災保険に地震保険を付帯して、加入する必要があります。

解答:3

≫≫≫問題と解説の目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材