【2019年1月FP2級】問27:シャープレシオの値

2019年1月に実施されましたFP2級学科試験の問27の問題(シャープレシオの値)と解答・解説です。

問題27:シャープレシオの値

下記<資料>に基づくファンドAとファンドBの運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句または数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

<資料>ファンドAとファンドBの運用パフォーマンスに関する情報

シャープレシオ

無リスク金利を1.0%として、<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると( ア )となり、同様に算出したファンドBのシャープレシオの値は( イ )となる。シャープレシオの値が( ウ )ほど効率的な運用であったと判断される。

  1. (ア)3.50 (イ)1.25 (ウ)大きい
  2. (ア)3.50 (イ)1.25 (ウ)小さい
  3. (ア)4.00 (イ)1.50 (ウ)大きい
  4. (ア)4.00 (イ)1.50 (ウ)小さい

解答・解説

アとイについて

シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められます。

ファンドAのシャープ・レシオの値:(8.0%-1.0%)÷2.0%=3.50

ファンドBのシャープ・レシオの値:(6.0%-1.0%)÷4.0%=1.25

ウについて

シャープレシオを用いて、特定期間における異なるポートフォリオ間のパフォーマンス評価をした場合、シャープレシオの値が大きいポートフォリオほど、リスク量1単位当たりのリターンが大きかったと評価でき、効率よく運用されていたと評価することができます。

解答:1

≫2019年1月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材