【2019年5月FP2級】問56:相続税評価

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年5月に実施されましたFP2級学科試験の問56の問題(相続税評価)と解答・解説です。

問題56:相続税評価

各種金融資産の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 外貨定期預金の価額の円貨換算については、原則として、取引金融機関が公表する課税時期における対顧客直物電信買相場(TTB)またはこれに準ずる相場による。
  2. 金融商品取引所に上場されている利付公社債の価額は、次式により計算された金額によって評価する。
  3. 相続開始時において、保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、課税時期における既払込保険料相当額により評価する。
  4. 金融商品取引所に上場されている不動産投資信託の受益証券の価額は、上場株式に関する評価の定めに準じて評価する。

解答・解説

  1. 適切
    外貨建てによる財産や国外にある財産の価額は、相続開始日における為替相場により邦貨換算されます。外貨の邦貨換算は、原則として、納税者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の対顧客直物電信買相場(TTB)又はこれに準ずる相場により行います。
  2. 適切
    金融商品取引所に上場されている利付公社債の価額は、原則、課税時期の最終価格に源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額を加えた金額で評価します。
  3. 不適切
    相続開始時において、保険事故がまだ発生していない生命保険契約に関する権利の価額は、相続開始の時においてその契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価します。
  4. 適切
    上場されている不動産投資信託の受益証券の価額は、上場株式の評価方法に準じて評価します。

解答:3

≫2019年5月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加