【2023年(令和5年)1月FP2級】問24:東京証券取引所の市場区分等

2023年(令和5年)1月に実施されましたFP2級学科試験の問24の問題(東京証券取引所の市場区分等)と解答・解説です。

問題24:東京証券取引所の市場区分等

東京証券取引所の市場区分等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している全銘柄を対象として算出されていたが、東京証券取引所の市場区分見直しが実施された2022年4月4日以降、新たな市場区分であるプライム市場の全銘柄を対象として算出されている。
  2. プライム市場のコンセプトは、「多くの機関投資家の投資対象になりうる規模の時価総額(流動性)を持ち、より高いガバナンス水準を備え、投資者との建設的な対話を中心に据えて持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場」である。
  3. スタンダード市場のコンセプトは、「高い成長可能性を実現するための事業計画及びその進捗の適時・適切な開示が行われ一定の市場評価が得られる一方、事業実績の観点から相対的にリスクが高い企業向けの市場」である。
  4. グロース市場のコンセプトは、「公開された市場における投資対象として一定の時価総額(流動性)を持ち、上場企業としての基本的なガバナンス水準を備えつつ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場」である。

解答・解説

  1. 不適切
    日経平均株価は、東京証券取引所プライム市場に上場している銘柄のうち225銘柄を選定し算出します。
  2. 適切
    プライム市場のコンセプトは、「多くの機関投資家の投資対象になりうる規模の時価総額(流動性)を持ち、より高いガバナンス水準を備え、投資者との建設的な対話を中心に据えて持続的な成長と中長期的な企業価値の向上にコミットする企業向けの市場」です。
  3. 不適切
    本肢は、グロース市場のコンセプトです。
  4. 不適切
    本肢は、スタンダード市場のコンセプトです。

解答:2

≫2023年1月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    error: Content is protected !!