問31:係数【2018年9月FP3級】

2018年9月に実施されましたFP3級学科試験の問31:係数の問題と解答・解説を掲載しております。

問31:係数

次の文章の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

Aさん(50歳)は、現在から10年間、毎年一定額を積み立てて、老後資金として1,000万円を準備したいと考えている。この場合、必要となる毎年の積立金額は(  )である。なお、毎年の積立金は、利率(年率)2%で複利運用されるものとし、計算にあたっては下記の<資料>を利用するものとする。

<資料>利率(年率)2%・期間10年の各種係数

現価係数減債基金係数資本回収係数
0.8203 0.09130.1113
  1. 748,934円
  2. 820,300円
  3. 913,000円

【解答・解説】

将来の目標金額(1,000万円)を得るためには、毎年、いくら積み立てればよいのか!を求めたい場合に使われる係数は、減債基金係数です。

よって、

現在から10年間、毎年一定額を積み立てて、老後資金として1,000万円を準備したいと考えている場合、必要となる毎年の積立金額は?

1,000万円×0.0913(減債基金係数)=913,000円となります。

解答:3

≫≫≫問題と解説の目次ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加