【2020年9月FP3級】問2:協会けんぽ(出産育児一時金)

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2020年(令和2年)9月に実施されましたFP3級学科試験の問2の問題(協会けんぽ_出産育児一時金)と解答・解説です。

問題2:協会けんぽ(出産育児一時金)

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者が、産科医療補償制度に加入する病院で出産した場合の出産育児一時金の額は、1児につき42万円である。

【解答・解説】

出産育児一時金の額は、1児につき42万円です。

なお、産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産した場合は、40万4,000円です。

解答:〇

≫2020年9月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材