【2021年5月FP3級】問59:上場株式の評価

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2021年(令和3年)5月に実施されましたFP3級学科試験の問59の問題(上場株式の評価)と解答・解説です。

問59:上場株式の評価

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

2021年5月11日(火)に死亡したAさんが所有していた上場株式Xを相続により取得した場合の1株当たりの相続税評価額は、下記の<資料>によれば、(  )である。

  1. 540円
  2. 600円
  3. 620円

【解答・解説】

上場株式の相続税評価額は、原則、

「課税時期の最終価格(600円)」

「課税時期の月の毎日の最終価格の平均額(620円)」

「課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額(600円)」

「課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額(540円)」

のうち最も低い価額(540円)となります。

解答:1

≫2021年5月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材

    error: Content is protected !!