【2021年9月FP3級】問17:所得の分類

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2021年(令和3年)9月に実施されましたFP3級学科試験の問17の問題(所得の分類)と解答・解説です。

問17:所得の分類

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

確定拠出年金の個人型年金の老齢給付金を一時金で受け取った場合、当該老齢給付金は、退職所得として所得税の課税対象となる。

【解答・解説】

確定拠出年金の老齢給付金(一時金)を受け取ったことによる所得は、退職所得となります。

これに対し、

確定拠出年金の老齢給付金(年金)を受け取ったことによる所得は、公的年金等の雑所得となります。

解答:〇

≫2021年9月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材

    error: Content is protected !!