【2021年9月FP3級】問37:生命保険の税金

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2021年(令和3年)9月に実施されましたFP3級学科試験の問37の問題(生命保険の税金)と解答・解説です。

問37:生命保険の税金

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)が夫、被保険者が( ① )、死亡保険金受取人が( ② )である場合、被保険者の死亡により死亡保険金受取人が受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

  1. ① 妻 ② 夫
  2. ① 妻 ② 子
  3. ① 夫 ② 子

【解答・解説】

保険契約者(保険料負担者)と被保険者が同一人であり、保険金受取人が異なる保険契約において、被保険者が死亡して相続人である保険金受取人が受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となります。

本問は、契約者(=保険料負担者)が夫ですので、被保険者が夫、死亡保険金受取人が子となります。

解答:3

≫2021年9月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材

    error: Content is protected !!