問8:確定拠出年金~2018年1月2級FP試験

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2018年1月に実施された2級ファイナンシャルプランナー(FP)試験の学科試験の問題8です。

確定拠出年金の問題は、今後の2級FP試験でも出題される可能性がある問題ですので、必ず、押えてください。

問8:確定拠出年金

確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 企業型年金において、加入者が掛金を拠出できることを規約で定める場合、企業型年金加入者掛金の額は、その加入者に係る事業主掛金の額を超える額とすることができる。
  2. 企業型年金の加入者が60歳未満で退職して、国民年金の第3号被保険者となった場合、企業型年金の個人別管理資産を国民年金基金連合会に移換し、個人型年金の加入者または運用指図者となることができる。
  3. 個人型年金の加入者が60歳から老齢給付金を受給するためには、通算加入者等期間が10年以上必要である。
  4. 一時金で受け取った老齢給付金は、退職所得として所得税の課税対象となる。

【解答・解説】

  1. 不適切
    マッチング拠出による加入者が拠出する掛金の額は、当該加入者に係る事業主掛金と同額以下であり、かつ、事業主掛金と合算して拠出限度額までとなります。
    本問の「事業主掛金の額を超える額とすることができる。」の記述が不適切です。
  2. 適切
    企業型年金の加入者が退職して国民年金の第3号被保険者となった場合、その者は、申出により、企業型年金の個人別管理資産を国民年金基金連合会に移換し、個人型年金の運用指図者となることができます。
  3. 適切
    個人型年金の加入者が60歳から老齢給付金を受給するためには、通算加入者等期間が10年以上必要です。
    なお、通算加入者等期間が10年未満の場合には、その通算加入者等期間に応じて、支給開始年齢が引き伸ばされます。
    ・通算加入者等期間が8年以上10年未満の場合 :61歳から
    ・通算加入者等期間が6年以上8年未満の場合   :62歳から
    ・通算加入者等期間が4年以上6年未満の場合 :63歳から
    ・通算加入者等期間が2年以上4年未満の場合 :64歳から
    ・通算加入者等期間が1ヵ月以上2年未満の場合:65歳から
  4. 適切
    一時金で受け取った場合には、退職所得として所得税の課税対象となります。
    年金で受け取った場合には、雑所得として所得税の課税対象となります。

A.1

2018年1月2級FP試験目次ページへ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加