【2019年9月FP2級】問19:第三分野の保険

2019年9月に実施されましたFP2級学科試験の問19の問題(第三分野の保険)と解答・解説です。

問題19:第三分野の保険

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 特定疾病保障保険は、ガンに罹患して特定疾病保障保険金が支払われた後も契約が存続し、ガンが再発した場合には、特定疾病保障保険金が再度支払われる。
  2. 所得補償保険は、被保険者が保険会社所定の病気により就業不能になった場合には補償の対象となるが、ケガにより就業不能になった場合には補償の対象とならない。
  3. 医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取ったとしても、契約を更新することができる。
  4. ガン保険は、契約日の翌日に被保険者がガンと診断された場合、診断給付金が支払われる。

解答・解説

  1. 不適切
    特定疾病保障保険は、特定疾病保険金または高度障害保険金が支払われた場合には契約は消滅し、再発や死亡しても再度保険金は支払われません。
  2. 不適切
    所得補償保険は、ケガや病気によって就業不能となった場合に、保険金が支払われます。なお、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となります。
  3. 適切
    医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていても、契約を更新することができます。
  4. 不適切
    ガン保険は、責任開始までに一定の不担保期間(一般に、責任開始日前に90日間程)を設定しており、その期間中に被保険者がガンと診断確定した場合には、契約は無効となります。

解答:3

≫2019年9月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材