【2019年9月FP2級】問5:老齢基礎年金の繰下げ支給

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2019年9月に実施されましたFP2級学科試験の問5の問題(老齢基礎年金の繰下げ支給)と解答・解説です。

問題5:老齢基礎年金の繰下げ支給

老齢基礎年金の繰下げ支給に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 老齢基礎年金の受給権を有する65歳6ヵ月の者は、当該老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をすることができる。
  2. 付加年金を受給できる者が老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合、付加年金の額は繰下げによって増額されない。
  3. 老齢基礎年金の繰下げ支給による年金の増額率は、繰り下げた月数に0.7%を乗じて得た率で、最大42%となる。
  4. 老齢厚生年金の受給権を有する者が老齢基礎年金の支給開始年齢を繰り下げる場合は、同時に老齢厚生年金の支給開始年齢も繰り下げなければならない。

解答・解説

  1. 不適切
    65歳到達時に老齢基礎年金の受給権を有する者が、老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をする場合、その申出は66歳到達日以降に行うことができます。
  2. 不適切
    付加年金を受給できる場合、年金を繰上げ、または、繰下げして受給したときには、付加年金もあわせて繰上げや繰下げが行われます。
  3. 適切
    老齢厚生年金・老齢基礎年金の繰下げ支給による年金の増額率=「0.7%×65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までの月数(上限は、60月。)」となり、増額率は最大42%となります。
  4. 不適切
    老齢厚生年金の繰下げ支給の申出は、老齢基礎年金の繰下げ支給の申出と同時に行う必要はありません。

解答:3

≫2019年9月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材