【2020年(令和2年)9月FP2級】問31:所得税の非課税所得

2020年(令和2年)9月に実施されましたFP2級学科試験の問31の問題(所得税の非課税所得)と解答・解説です。

問題31:所得税の非課税所得

次のうち、所得税における非課税所得に該当するものはどれか。

  1. 個人が券面額を下回る価額で購入した利付国債の償還差益
  2. 年金受給者が受け取った老齢基礎年金
  3. 賃貸不動産の賃貸人である個人が賃借人から受け取った家賃
  4. 給与所得者が受け取った雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金

解答・解説:金融商品取引に係る各種法令

  1. 該当しない
    個人が券面額を下回る価額で購入した利付国債の償還差益は、上場株式等に係る譲渡所得となります。
  2. 該当しない
    年金受給者が受け取った老齢基礎年金は、公的年金等の雑所得となります。
  3. 該当しない
    賃貸不動産の賃貸人である個人が賃借人から受け取った家賃は、不動産所得となります。
  4. 該当する
    給与所得者が受け取った雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、非課税所得となります。

解答:4

≫2020年9月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!