【2022年(令和4年)9月FP2級】問19:第三分野の保険

2022年(令和4年)9月に実施されましたFP2級学科試験の問19の問題(第三分野の保険)と解答・解説です。

問題19:第三分野の保険

第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 就業不能保険では、入院や在宅療養が一定日数以上継続して所定の就業不能状態に該当した場合に、所定の保険金・給付金が支払われる。
  2. 先進医療特約で先進医療給付金の支払い対象とされている先進医療は、契約時点において厚生労働大臣によって定められたものである。
  3. 限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で、限定告知型ではない一般の医療保険と比較した場合、保険料は割安となる。
  4. がん保険では、被保険者ががんで入院したことにより受け取る入院給付金について、1回の入院での支払日数は90日が限度となる。

解答・解説

  1. 適切
    就業不能保険では、入院や在宅療養が一定日数以上継続して所定の就業不能状態に該当した場合に、所定の保険金・給付金が支払われます。
  2. 不適切
    先進医療特約の対象となる先進医療とは、療養を受けた時点において厚生労働大臣が承認しているもので、契約日時点のものではありません。
  3. 不適切
    限定告知型の医療保険は、他の契約条件が同一で、限定告知型ではない通常の医療保険と比べて、保険料が高く設定されています。(持病がある場合や入院歴があった場合においても加入しやすくなっている反面です。)
  4. 不適切
    入院給付金は、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数は定められていません。

解答:1

≫2022年9月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加