2020年1月FP2級資産設計:第2問(実技試験)

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2020年1月に実施されましたFP2級実技試験(資産設計提案業務)の第2問の問題と解説です。

第2問:FP2級資産設計(2020年1月実技試験)

下記の問3~問6について解答しなさい。

問3:預金保険制度(実技試験)

下記<資料>は、2019年12月31日時点の横川さん夫婦(翔馬さんと恵里さん)のYX銀行 (日本国内に本店のある普通銀行)における金融資産(時価)の一覧表である。この時点においてYX銀行が破綻した場合に、預金保険制度によって保護される金融資産の金額に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値を答えなさい。

<資料>

預金保険制度(どりめざFP)

※翔馬さんおよび恵里さんはともに、YX銀行からの借入れはない。

※普通預金は決済用預金ではない。

※預金の利息については考慮しないこととする。

  • 翔馬さんの金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額は( ア )万円である。
  • 恵里さんの金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額は( イ )万円である。

問4:株式投資の指標

下記<資料>に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

株式投資(どりめざFP)

  • YL株式とYM株式の株価をPBR(株価純資産倍率)で比較した場合、( ア )株式の方が割安といえる。
  • YL株式とYM株式の配当利回りを比較した場合、( イ )株式の方が高い。
  1. (ア)YL (イ)YL
  2. (ア)YL (イ)YM
  3. (ア)YM (イ)YL
  4. (ア)YM (イ)YM

問5:投資信託

平尾さんはKA投資信託を新規募集時に100万口購入し、特定口座(源泉徴収口座)で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、平尾さんが保有するKA投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

[KA投資信託の商品概要(新規募集時)]

  • 投資信託の分類:追加型国内公募株式投資信託
  • 決算および収益分配:年1回
  • 申込価格:1口当たり1円
  • 申込単位:1万口以上1口単位
  • 購入時手数料(税込み):購入金額1,000万円未満(3.30%)、購入金額1,000万円以上(2.20%)
  • 運用管理費用(信託報酬)(税込み):純資産総額に対し年1.760%

[平尾さんが保有するKA投資信託の収益分配金受取時の運用状況(1万口当たり)]

  • 収益分配前の個別元本:10,000円
  • 収益分配前の基準価額:12,000円
  • 収益分配金     :2,500円
  • 収益分配後の基準価額:9,500円

  • 平尾さんが、KA投資信託を新規募集時に100万口購入した際に、支払った購入時手数料(税込み)は、( ア )である。
  • <資料>の収益分配時に、平尾さんに支払われた収益分配金のうち、普通分配金(1万口当たり)は( イ )である。
  1. (ア)33,000円 (イ)500円
  2. (ア)33,000円 (イ)2,000円
  3. (ア)22,000円 (イ)500円
  4. (ア)22,000円 (イ)2,000円

問6:所有期間利回り

下記<資料>の債券を取得日から7年後に売却した場合における所有期間利回り(単利・年率)を計算しなさい。なお、手数料や税金等については考慮しないものとし、計算結果については小数点以下第4位を切り捨てること(単位:%)。

<資料>

  • 表面利率:年1.3%
  • 額面  :100万円
  • 購入価格:額面100円につき100.00円
  • 売却価格:額面100円につき103.00円
  • 所有期間:7年

解答・解説

問3:預金保険制度

ポイントは、以下の3つです。

  1. 外貨預金と投資信託については、預金保険による保護の対象となりません。
  2. 普通預金は、決済用預金ではありませんので、全額が保護の対象となりません。(上限あり!)
  3. 原則として、1金融機関(YX銀行)につき、預金者1人当たり、元本1,000万円と破綻日までの利息等が保護されます。(本問では利息考慮なし!)

(ア)について(翔馬さん)

外貨預金と投資信託以外のものを合算しますと1,050万円となりますが、上限である1,000万円を超えていますので、預金保険制度によって保護される金額は1,000万円です。

(イ)について(恵里さん)

投資信託以外のものを合算しますと235万円となりますので、預金保険制度によって保護される金額は235万円です。

解答:(ア)1,000 (イ)235

問4:株式投資の指標

(ア)について(PBR)

YL株式:3,120円(株価)÷1,380円(1株当たりの純資産)=2.26…倍

YM株式:17,840円(株価)÷6,870円(1株当たりの純資産)=2.59…倍

PBRの低い銘柄であるYL株式が割安といえます。

(イ)について(配当利回り)

YL株式:50円(1株当たりの年間配当金)÷3,120円(株価)×100=1.60…%

YM株式:250円(1株当たりの年間配当金)÷17,840円(株価)×100=1.40…%

解答:1

問5:投資信託

(ア)について

100万口購入していますので、購入金額は、「1円×100万口=100万円」です。

購入時手数料は、「100万円×3.30%=33,000円」となります。

(イ)について

分配後基準価額(9,500円)が個別元本(10,000円)を下回る場合には、その個別元本を下回る部分(500円)が特別分配金(元本払戻金)となり、収益分配金(2,500円)から特別分配金(500円)を差し引いた金額(2,000円)が普通分配金となります。

解答:2

問6:所有期間利回り

1.3(表面利率)+{(売却価格103-購入価格100)÷7(所有期間)}=1.7285…÷100(購入価格)×100=1.7285…→1.728%(小数点以下4位切り捨て)

解答:1.728%

≫2020年1月2級資産設計目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!