【2021年1月FP3級】問42:収益分配金

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2021年(令和3年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問42の問題(収益分配金)と解答・解説です。

問題42:収益分配金

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

追加型株式投資信託を基準価額1万4,000円で1万口購入した後、最初の決算時に1万口当たり300円の収益分配金が支払われ、分配落ち後の基準価額が1万3,800円となった場合、その収益分配金のうち、普通分配金は( 1 )であり、元本払戻金(特別分配金)は( 2 )である。

  1. (1)0円  (2)300円
  2. (1)100円 (2)200円
  3. (1)200円 (2)100円

【解答・解説】

分配後基準価額が個別元本を下回る場合には、その個別元本を下回る部分が特別分配金となり、収益分配金から特別分配金を差し引いた金額が普通分配金となります。

ですので、

特別分配金は、「14,000円-13,800円=200円」となり、

普通分配金は、「300円-200円=100円」となります。

解答:2

≫2021年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!