【2021年1月FP3級】問56:相続時精算課税

2021年(令和3年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問56の問題(相続時精算課税)と解答・解説です。

問題56:相続時精算課税

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

相続時精算課税の適用を受けた場合、特定贈与者ごとに特別控除額として累計( 1 )までの贈与には贈与税が課されず、その額を超えた部分については一律( 2 )の税率により贈与税が課される。

  1. (1)1,500万円 (2)15%
  2. (1)1,500万円 (2)20%
  3. (1)2,500万円 (2)20%

【解答・解説】

相続時精算課税の適用を受けた場合、特定贈与者ごとに特別控除額として累計2,500万円までの贈与には贈与税が課されず、その額を超えた部分については一律20%の税率により贈与税が課されることになります。

解答:3

≫2021年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!