【2021年1月FP3級】問57:法定相続分

2021年(令和3年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問57の問題(法定相続分)と解答・解説です。

問題57:法定相続分

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

下記の<親族関係図>において、Aさんの相続における父Cさんの法定相続分は、(  )である。

  1. 6分の1
  2. 4分の1
  3. 3分の1

【解答・解説】

相続人は、配偶者であるBさん、直系尊属であるCさん・Dさんの3人です。

相続人が配偶者と直系尊属の場合、法定相続分は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1となります。

ですので、Bさんの法定相続分は3分の2となります。

なお、

直系尊属同士の法定相続分は同じですので、直系尊属の法定相続分である3分の1をCさんとDさんの2人で均等に分け合うことになります。

ですので、CさんとDさんの法定相続分は、ともに、「3分の1÷2人=6分の1」となります。

解答:1

≫2021年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!