FP3級~問51瑕疵担保責任(民法)【2018年5月学科試験】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2018年月に実施されました3級FP学科試験の問51の問題(民法:瑕疵担保責任)と解答・解説です。

問51 瑕疵担保責任(民法)

【問題】

次の(  )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選んでください。

民法の規定によれば、不動産の売買契約において、売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主が売主の瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から(  )以内に当該権利を行使しなければならない。

  1. 1年
  2. 3年
  3. 5年

【解答・解説】

不動産の売買契約において、売買の目的物に隠れた瑕疵があり、買主が売主の瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求をする場合、買主は、その瑕疵がある事実を知った時から1年以内に当該権利を行使しなければなりません。

解答:1

※瑕疵とは、物理的な欠陥や法律的な欠陥等のことです。物理的な欠陥とは、建物の雨漏りや家屋のシロアリ被害等のことです。法律的な瑕疵とは、土地が都市計画道路の予定地だったり建築基準法上の建築制限があったりしたなど、その土地に建物を建てるのに制限がかかったりする場合等のことです。

※隠れた瑕疵の「隠れた」とは、瑕疵の事実について、買主が善意無過失であるということです。例えば、建物の雨漏りがあることを、買主が知っていた又は注意をしていたら知り得た場合には、隠れた瑕疵に該当しないので、売主は、瑕疵担保責任を負いません。

≫≫≫問題と解説の目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加