FP3級~問29相続税の基礎控除額【2018年5月学科試験】

2018年5月に実施されましたファイナンシャルプランナー(FP)3級学科試験の問29の問題(相続税の計算における遺産にかかる基礎控除額)と解説です。

問29 相続税の基礎控除額

次の記述は、正しいですか?それとも、誤っていますか?

解答:誤った記述です。

相続税の計算における遺産に係る基礎控除額の計算式は?
→3,000万円+600万円×法定相続人の数(税法上の数)=基礎控除額

この問題では、法定相続人の数が3人ですので、

3,000万円+600万円×3人=4,800万円が、相続税の計算における遺産に係る基礎控除額となります。

よって、本問は、誤った記述となります。

≫≫≫問題と解説の目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加