【2級FP】問54法定後見制度~2018年5月学科試験

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2018年5月に実施されました2級FP学科試験の問54の問題(法定後見制度)と解答・解説です。

問54 法定後見制度

【問題】

法定後見制度に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 法定後見制度には、精神上の障害による本人の判断能力の程度によって、後見、保佐および補助の3種類の類型がある。
  2. 後見の開始の審判の申立てができる者は、本人、その配偶者またはその4親等内の親族に限られる。
  3. 成年後見人となるためには、弁護士や司法書士など一定の資格を有していなければならない。
  4. 成年後見人は、成年被後見人が行ったすべての行為について、取り消すことができる。

【解答・解説】

  1. 適切。
    法定後見制度には、精神上の障害による本人の判断能力の程度によって、後見(判断能力が全くない場合)、保佐(判断能力が著しく不十分である場合)および補助(判断能力が不十分である場合)の3種類の類型があります。
  2. 不適切。
    後見の開始の審判の申立てができる者は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官です。
  3. 不適切。
    成年後見人となるためには、特に、資格は必要とされていません。
  4. 不適切。
    成年被後見人の法律行為は、取り消すことができます。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、取り消すことができません。

解答:1

≫≫≫問題と解説の目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加