【2021年5月FP3級資産設計提案業務】第3問の問題と解説

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2021年5月に実施されましたFP3級実技試験(資産設計提案業務)の第3問の問題と解説です。

第3問:2021年5月3級実技試験(資産設計)

問5

建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、その土地に対する建築物の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

  1. 240㎡
  2. 1,200㎡
  3. 1,440㎡

【解答・解説】

敷地面積(300㎡)×建蔽率(80%)=建築面積(240㎡)

解答:1

問6

建築基準法の用途制限に従い、下表の用途地域において建築可能な建築物の組み合わせとして、正しいものはどれか。

  1. (ア)
  2. (イ)
  3. (ウ)

【解答・解説】

(ア)について

小学校は、原則として、工業地域、工業専用地域に建築することができず、第一種低層住居専用地域に建築することができます。

病院は、原則として、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、田園住居地域、工業地域、工業専用地域に建築することができません。

(イ)について

カラオケボックスとパチンコ店は、商業地域に建築することができます。(面積は関係なし)

(ウ)について

共同住宅は、原則として、工業専用地域に建築することができず、工業地域に建築することがでいます。

ホテルは、原則として、工業地域に建築することができません。(面積は関係なし)

解答:2

≫2021年5月実技試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材

    error: Content is protected !!