【2019年1月FP2級】問11:生命保険の商品性

2019年1月に実施されましたFP2級学科試験の問11の問題(生命保険の一般的な商品性)と解答・解説です。

問題11:生命保険の商品性

生命保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、記載のない特約については考慮しないものとする。

  1. 終身保険は、死亡保障が一生涯続き、保険期間の経過とともに解約返戻金が増加する。
  2. 養老保険は、保険金の支払事由に該当せずに保険期間満了となった場合、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる。
  3. 外貨建て終身保険は、円換算支払特約を付加することにより、契約時の円建ての死亡保険金額が死亡保険金受取時にも円貨で保証される。
  4. 収入保障保険の死亡保険金を年金形式で受け取る場合の受取総額は、一時金で受け取る場合の受取額よりも多くなる。

解答・解説

  1. 適切
    終身保険は、保障が一生涯続く保険で、被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われます。なお、終身保険は、保険期間の経過とともに解約返戻金が増加する等の特徴があります。
  2. 適切
    養老保険は、被保険者が保険期間満了まで生存した場合、死亡・高度障害保険金と同額の満期保険金が支払われ、生死混合保険に分類されます。
  3. 不適切
    外貨建て終身保険は、死亡保険金や解約返戻金の受取時に適用される為替レートが契約時に適用された為替レートに比べて円高になれば、円換算の金額において、損失を被る可能性があります。また、円換算支払特約を付加することにより、保険金等を円貨で受け取ることができますが、為替リスクを回避することはできません。
  4. 適切
    収入保障保険の死亡保険金を一時金で受け取る場合の受取額は、年金形式で受け取る場合の受取総額よりも少なくなります。

解答:3

≫2019年1月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材