【2019年9月FP2級】問15:任意加入の自動車保険

2019年9月に実施されましたFP2級学科試験の問15の問題(任意加入の自動車保険)と解答・解説です。

問題15:任意加入の自動車保険

任意加入の自動車保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額される。
  2. 人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により死傷した場合、被保険者の過失部分を除いた損害についてのみ、補償の対象となる。
  3. 対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により配偶者にケガをさせた場合、補償の対象とならない。
  4. 車両保険では、特約を付帯しなければ、地震・噴火およびそれらに起因する津波による被保険自動車の損害は、補償の対象とならない。

解答・解説

  1. 適切
    対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により他の自動車に損害を与えた場合、損害賠償として支払われる保険金の額は、被害者の過失割合に応じて減額されます。
  2. 不適切
    人身傷害補償保険では、被保険者が被保険自動車の事故により死亡または傷害を被った場合、過失相殺による減額をせずに、約款の定めに基づいて計算された損害額が保険金の支払い対象となります。
  3. 適切
    対人賠償保険では、「運転者自身またはその父母・配偶者・子」、「被保険者またはその父母・配偶者・子」に対する損害に対しては、補償の対象となりません。
  4. 適切
    車両保険は、特約を付帯しない場合、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害は、補償の対象となりません。

解答:2

≫2019年9月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材