【2021年(令和3年)9月FP2級】問11:生命保険の保険料等の仕組み

2021年(令和3年)9月に実施されましたFP2級学科試験の問11の問題(生命保険の保険料等の仕組み)と解答・解説です。

問題11:生命保険の保険料等の仕組み

生命保険の保険料等の一般的な仕組みに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 収支相等の原則は、保険会社が受け取る保険料等の総額が、保険会社が支払う保険金等の総額と等しくなるように保険料を算定する原則をいう。
  2. 保険料は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成される。
  3. 所定の利率による運用収益をあらかじめ見込んで保険料を割り引く際に使用する予定利率を低く設定した場合、新規契約の保険料は安くなる。
  4. 保険会社が実際に要した事業費が、予定していた事業費よりも少なかった場合、費差益が生じる。

解答・解説

  1. 適切
    収支相等の原則は、保険会社が受け取る保険料等の総額が、保険会社が支払う保険金等の総額と等しくなるように保険料を算定する原則をいいます。
  2. 適切
    保険料は、将来の保険金・給付金等の支払いの財源となる純保険料と、保険会社が保険契約を維持・管理していくために必要な経費等の財源となる付加保険料で構成されています。
  3. 不適切
    運用収益を予測してあらかじめ一定の利率で保険料を割り引く予定利率を低く設定する場合、一般に保険料は高くなります。なお、契約時の予定利率は、原則として、満期まで変わらないことになります。
  4. 適切
    保険会社が実際に要した事業費が、予定していた事業費よりも少なかった場合、費差益が生じることになります。

解答:3

≫2021年9月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加