【FP2級】区分所有法の一問一答問題

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

「不動産の区分所有法(FP2級)」の一問一答問題集の一部を掲載しています。

他の問題に関しましては、教材購入者専用ページ内に掲載しています。

区分所有法の一問一答(FP2級試験)

正しいものまたは適切なものは「○」、誤っているものまたは不適切なものは「×」をつけてください。なお、特に指示がなければ、規約による別段の定めについては考慮しないものとします。

解答:×

建物の保存に有害な行為その他建物の管理・使用に関し区分所有者の共同の利益に反する行為をしてはならないという規定は、区分所有者だけでなく、占有者にも適用されます。

解答:×

区分所有者である限り管理組合から脱退することはできません。

解答:×

占有者は、建物又はその敷地もしくは附属施設の使用方法について、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負うことになります。

解答:〇

本問のとおり。

解答:×

区分所有者は、当該建物の区分所有者ではない者を管理者として選任することができます。

解答:×

専有部分が数人で共有されている場合は、共有者の1人だけが議決権を行使する権利を有しています。

※この続きは、教材購入者専用ページでご確認ください。

≫FP2級一問一答ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材

    error: Content is protected !!