2021年1月FP2級資産設計:第6問(実技試験)

2021年1月に実施されましたFP2級実技試験(資産設計提案業務)の第6問の問題と解説です。

第6問:FP2級資産設計(2021年1月実技試験)

下記の問19~問22について解答しなさい。

問19

下記の<親族関係図>の場合において、民法の規定に基づく法定相続分に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選びなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。

[相続人の法定相続分]

  • 被相続人の配偶者の法定相続分は( ア )。
  • 被相続人の長男の法定相続分は( イ )。
  • 被相続人の孫Aおよび孫Bの各法定相続分は( ウ )。

<語群>

なし  1/2  1/3  1/4

1/6  1/8  2/3

3/4  1/12

問20

五十嵐智子さん(50歳)は、2020年11月に夫から居住用不動産(財産評価額3,500万円)の贈与を受けた。智子さんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2020年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2020年においては、このほかに智子さんが受けた贈与はないものとする。また、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。

  1. 3,660,000円
  2. 4,100,000円
  3. 4,505,000円
  4. 5,000,000円

問21

相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)~(ウ)に入る正しい数値を語群の中から選びなさい。なお、同じ数値を何度選んでもよいこととする。

<語群>

50  80  100  200

240  300  330  400

問22

下記<資料>の自宅の敷地(自用地)について、路線価方式による相続税評価額を計算しなさい。

解答・解説

問19

解答:(ア)1/2(イ)1/6(ウ)1/12

相続人は、「配偶者」「長男」「代襲相続人である孫Aと孫B」「二女」の5人です。

相続人が配偶者と子の場合、法定相続分は、配偶者が2分の1、子が2分の1となります。

ですので、配偶者の法定相続分(本問のア)は、2分の1となります。

子は、3人いますので、子の法定相続分2分の1を3人で均等に分け合います。

ですので、長男(本問のイ)・長女・二女の法定相続分は、それぞれ、「2分の1÷3人=6分の1」となります。

長女は、既に亡くなっていますので、長女の法定相続分6分の1を代襲相続人であるAとBの2人で均等に分け合うことになります。

ですので、AとBの法定相続分(本問のウ)は、それぞれ、「6分の1÷2人=12分の1」となります。

問20

解答:3

3,500万円-110万円(基礎控除)-2,000万円(配偶者控除)=1,390万円

夫からの贈与のため、速算表の(ロ)を使って計算することになります。

ですので、贈与税額は、「1,390万円×45%-175万円=4,505,000円」となります。

問21

解答:(ア)400(イ)330(ウ)50

  • 特定事業用宅地等:400㎡・80%
  • 特定居住用宅地等:330㎡・80%
  • 貸付事業用宅地等:200㎡・50%

問22

解答:4,500万円

250千円×1.00(奥行価格補正率)×180㎡(地積)=4,500万円

≫2021年1月2級資産設計目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!