【2019年5月FP3級】問3:雇用保険の基本手当

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問3の問題(雇用保険の基本手当)と解答・解説です。

問題3:雇用保険の基本手当

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

雇用保険の基本手当を受給するためには、倒産、解雇および雇止めなどの場合を除き、原則として、離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12カ月以上あることなどの要件を満たすことが必要となる。

【解答・解説】

雇用保険の基本手当を受給するためには、離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12ヵ月以上あることなどの要件を満たす必要があります。

なお、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上あることなどの要件を満たす必要があります。

解答:〇

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材