【2019年5月FP3級】問2:後期高齢者医療制度

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問2の問題(後期高齢者医療制度)と解答・解説です。

問題2:後期高齢者医療制度

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

国民健康保険の被保険者は、原則として、70歳に達した時にその資格を喪失し、後期高齢者医療制度の被保険者となる。

【解答・解説】

75歳以上、または65歳以上~74歳以下のうち一定の障害状態にある人が後期高齢者医療制度の対象者となる。

解答:×

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材