【2019年5月FP3級】問53:建築物の高さ制限

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問53の問題(建築物の高さ制限)と解答・解説です。

問題53:建築物の高さ制限

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

建築基準法の規定によれば、第二種低層住居専用地域内における建築物の高さは、原則として( )のうち当該地域に関する都市計画において定められた建築物の高さの限度を超えてはならない。

  1. 10mまたは12m
  2. 12mまたは15m
  3. 10mまたは20m

【解答・解説】

第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、田園住居地域内における建築物の高さは、原則として、10mまたは12mのうち都市計画で定められた限度を超えることができません。

解答:1

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加