【2019年5月FP3級】問37:契約転換制度

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問37の問題(契約転換制度)と解答・解説です。

問題37:契約転換制度

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

現在加入している生命保険契約を、契約転換制度を利用して新たな契約に転換する場合、転換後の保険料は( 1 )の保険料率が適用され、一般に、転換する際には( 2 )である。

  1. (1)転換時 (2)告知および診査は不要
  2. (1)転換時 (2)告知または診査が必要
  3. (1)転換前の契約時 (2)告知および診査は不要

【解答・解説】

契約転換制度は、現在加入している生命保険契約の積立部分や積立配当金を転換(下取り)価格として新しい契約の一部にあてる方法で、転換する際には告知または診査が必要です。

契約転換制度を利用して、現在加入している生命保険契約を新たな契約に転換する場合、転換後の保険料は、転換制度を利用した時の年齢・保険料率により計算され、転換前契約時の保険料率は適用されません。

解答:2

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加