【2019年5月FP3級】問25:不動産取得税

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問25の問題(不動産取得税)と解答・解説です。

問題25:不動産取得税

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

新築の戸建て住宅の取得に対する不動産取得税の課税標準の算定上、「不動産取得税の課税標準の特例」の適用を受けることにより、固定資産税評価額から最高で1,500万円を控除することができる。

【解答・解説】

一定の要件に該当する戸建て住宅を新築した場合、不動産取得税の課税標準の算定に当たっては、一戸につき最高で1,200万円(認定長期優良住宅については、1,300万円)を価格から控除することができます。なお、この特例は、課税標準の特例です。

解答:×

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加