【2019年9月FP3級】問14:債券の取引

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年9月に実施されましたFP3級学科試験の問14の問題(債券の取引)と解答・解説です。

問題14:債券の取引

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

残存期間や表面利率(クーポンレート)等の他の条件が同一であれば、一般に、格付の高い債券ほど安全性が高いため、利回りが高くなる。

【解答・解説】

残存期間や表面利率(クーポンレート)等の他の条件が同一であれば、

債券の格付けの高い債券ほど、信用度は高くなり、債券価格は高くなり、利回りは低くなります。

解答:×

≫2019年9月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加