【2020年1月FP3級】問22:宅地建物取引業の免許

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2020年(令和2年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問22の問題(宅地建物取引業の免許)と解答・解説です。

問題22:宅地建物取引業の免許

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

アパートやマンションの所有者が、当該建物の賃貸を自ら業として行う場合には、宅地建物取引業の免許を取得する必要がある。

【解答・解説】

自ら当事者となって貸借(本問では、自ら賃貸)を行う場合、宅地建物取引業に該当しません。

ですので、宅地建物取引業の免許は不要となります。

なお、貸借の媒介・代理の場合であれば宅地建物取引業に該当することになります。

解答:×

≫2020年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材