【2023年1月FP3級】問60:小規模宅地等の特例

FP2級・3級試験教材

~NEW~

■□2023年9月FP2級学科試験■□

2023年9月FP2級学科試験の解説ページをUPしました。

≫2023年9月FP2級解説ページ

 

■□2023年9月FP3級学科試験■□

2023年9月FP3級学科試験の解説ページをUPしました。

≫2023年9月FP3級解説ページ

2023年(令和5年)1月に実施されましたFP3級学科試験の問60の問題(小規模宅地等の特例)と解答・解説です。

問60

次の記述の( )内にあてはまる最も適切な文章、語句、数字またはそれらの組合せを1~3のなかから選びなさい。

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定居住用宅地等に該当する場合、その宅地のうち(①)までを限度面積として、評価額の(②)相当額を減額した金額を、相続税の課税価格に算入すべき価額とすることができる。

  1. ① 200㎡ ② 50%
  2. ① 330㎡ ② 80%
  3. ① 400㎡ ② 80%

【解答・解説】

被相続人の居住の用に供されていた特定居住用宅地等について、本特例の適用を受ける場合、適用対象となる宅地等の面積は最大で330㎡であり、相続税の課税価格に算入すべき価額の計算上、減額される割合は80%となります。

解答:2

≫2023年1月FP3級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材