【2018年9月FP3級資産設計】実技試験:第1問

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2018年9月に実施されましたFP3級実技試験(資産設計提案業務)の第1問の問題と解説です。

第1問:2018年9月3級実技試験(資産設計)

下記の問1、問2について解答しなさい。

問1:関連業法

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 社会保険労務士資格を有していないFPが、顧客からの質問に応じて、日本の公的年金制度の仕組みと特徴について説明をした。
  2. 投資助言・代理業の登録をしていないFPが、顧客と投資顧問契約を締結し、当該契約に基づいて特定の上場会社の業績予想や投資判断について助言をした。
  3. 税理士資格を有していないFPが、顧客から個別・具体的な税額計算を依頼されたため、業務提携している税理士を紹介し、一般的な税法の解説を行った。

問2:キャッシュフロー表

下記は、伊丹家のキャッシュフロー表(一部抜粋)である。このキャッシュフロー表の(ア)~(ウ)に入る数値とその求め方として、最も不適切なものはどれか。なお、計算に当たっては、キャッシュフロー表中に記載の整数を使用し、計算結果は万円未満を四捨五入すること。

<伊丹家のキャッシュフロー表> (単位:万円)

※年齢および金融資産残高は各年12月31日現在のものとし、2018年を基準年とする。

※給与収入は可処分所得で記載している。

※記載されている数値は正しいものとする。

※問題作成の都合上、一部空欄にしてある。

  1. 空欄(ア):「416×(1+0.01×3)≒428」
  2. 空欄(イ):「681-777=▲96」
  3. 空欄(ウ):「1,370×(1+0.01)-18≒1,366」

解答・解説

問1:関連業法

  1. 適切
    社会保険労務士資格を有いていなくても、公的年金制度の仕組みと特徴について説明することができます。
  2. 不適切
    投資助言・代理業の登録をしていなければ、業績予想や投資判断について助言をすることができません。
  3. 適切
    税理士資格を有していなくても、一般的な税法の解説を行うことができます。

解答:2

問2:キャッシュフロー表

(ア)について

416万円×(1+0.01)3=428.605…429万円(万円未満四捨五入)≒428

(イ)について

681万円-777万円=▲96万円 (ウ)について 当年の貯蓄残高は、「前年末の貯蓄残高×(1+運用利率)±当年の年間収支」により求めることができます。

ですので、「1,370×(1+0.01)-18=1,365.7→1,366万円(万円未満四捨五入)≒1,366万円」となります。

解答:1

≫2018年9月資産設計目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!