退職所得の計算について【FP過去問ポイント解説】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

退職所得の金額を計算しなさい!

FP試験では頻出論点ですので、過去問を使って解説します。

【過去問(一部改題)】

X社が社長であるAさんに役員退職金5,000万円を支給した場合、Aさんが受け取る役員退職金に係る退職所得の金額を計算しなさい。なお、Aさんの役員在任期間(勤続期間)を35年4ヵ月とし、これ以外に退職手当等の収入はなく、障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。

退職所得の金額(特定役員退職手当等に係るものを除く)は、「(退職手当等の収入金額-退職所得控除額)×2分の1」の算式により計算されることになります。

上記算式の( )書き部分、特定役員についてですが、

ここについては、役員等(取締役、監査役、理事、監事、国家・地方公務員など)として勤務した期間の年数(1年未満の端数があれば、その端数を1年に切り上げます)が5年以下であれば、「(退職手当等の収入金額-退職所得控除額)」の算式により計算されることになります。つまり、2分の1は不要!ということになります。

Aさんは、特定役員等ではありません。

退職所得控除額についてですが、

ここについては、勤続年数が20年以下なのか?20年超なのか?で異なることになります。

勤続年数

退職所得控除額

20年以下

40万円×勤続年数(80万円未満の場合には、80万円)

20年超

800万円+70万円×(勤続年数-20年)

※勤続年数について、1年未満の端数があれば、その端数を1年に切り上げます。

Aさんの勤続年数は、35年4ヵ月で、1年未満の端数を1年に切り上げますので、36年となります。

退職所得控除額は、「800万円+70万円×(36年-20年)=1,920万円」となります。

なお、問題文で、「障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。」と記載していますが、

ここについては、

例えば、障害者になったことが直接の原因で退職したとします。

この場合、退職所得控除額は、「上記の算式により計算した金額+100万円」となります。

Aさんの退職所得の金額は、「(5,000万円-1,920万円)×2分の1=1,540万円」となります。

※退職所得は、総合課税の対象とはなりませんので、総所得金額に算入されません。(本試験出題済み)

解答:1,540万円

≫タックスプランポイント解説目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加