給与所得の金額【FP過去問ポイント解説】

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

給与所得の金額について、過去問(一部改題)を使って解説していきます。

Aさんの給与収入金額が930万円でした。この場合、総所得金額に算入される給与所得の金額は?

<資料>給与所得控除額

給与所得控除額2020年度

※上記の資料は、2020年分以後のものです。

給与収入金額(源泉前)-給与所得控除額=給与所得

給与収入の金額が930万円ですので、給与所得控除額は、195万円となります。

ですので、給与所得の金額は、「930万円-195万円=735万円」となります。

なお、一時所得等と異なり、735万円全額が総所得金額に算入されることになります。

≫タックスプランポイント解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加