給与所得の金額【FP過去問ポイント解説】

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

給与所得の金額について、過去問(一部改題)を使って解説していきます。

Aさんの給与収入金額が930万円でした。この場合、総所得金額に算入される給与所得の金額は?

<資料>給与所得控除額

給与所得控除額2020年度

※上記の資料は、2020年分以後のものです。

給与収入金額(源泉前)-給与所得控除額=給与所得

給与収入の金額が930万円ですので、給与所得控除額は、195万円となります。

ですので、給与所得の金額は、「930万円-195万円=735万円」となります。

なお、一時所得等と異なり、735万円全額が総所得金額に算入されることになります。

≫タックスプランポイント解説目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材