PER(株価収益率)について【FP過去問ポイント解説】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

株式投資の指標の1つであるPER(株価収益率)について、過去問を使って解説していきます。

↓過去問↓

下記の資料に基づいて、X社・Y社のPERを求めていきます。(小数点以下第3位を四捨五入します。)

<資料>

財務データFP2級実技試験(個人資産)

<株価データ>

  • X社:株価730円、発行済株式総数4億株、1株当たり配当金20円
  • Y社:株価1,000円、発行済株式総数1億5,000万株、1株当たり配当金30円

PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す投資指標です。

PER(倍)=株価÷1株当たりの当期純利益※

 ※1株当たりの当期純利益=当期純利益÷発行済株式総数

PERが高いほうが株価は割高、低いほうが株価は割安と判断されます。しかし、絶対的なものではありません。

まずは、X社から見ていきます。

1株当たりの当期純利益は、「28,000百万円÷4億株=70円」となります。

PERは、「730円÷70円=10.428…→10.43倍」となります。

次は、Y社を見ていきます。

1株当たりの当期純利益は、「12,000百万円÷1億5,000万株=80円」となります。

PERは、「1,000円÷80円=12.5倍」となります。

≫ポイント解説目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加