【2級FP】問24株式市場の指標~2018年5月学科試験

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2018年5月に実施されました2級FP学科試験の問題24(株式市場の各種指標)と解説です。

問24 株式市場の各種指標

【問題】

株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部と市場第二部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  2. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  3. 東証マザーズ指数は、東京証券取引所のマザーズとJASDAQに上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。
  4. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式の中から、ROEや営業利益等の指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。

【解答・解説】

  1. 不適切。
    東証株価指数(TOPIX)とは、「東京証券取引所1部」に上場している全銘柄の、実際に市場に流通している浮動株を対象とする時価総額加重型の株価指数のことです。
  2. 不適切。
    日経平均株価(日経225)とは、東京証券取引所1部に上場している銘柄から選んだ「225銘柄」の修正平均株価のことです。
  3. 不適切。
    東証マザーズ指数は、「東京証券取引所のマザーズ」に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出されます。
  4. 適切。
    JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式の中から、ROEや営業利益等の指標等により選定された400銘柄を対象として算出されます。

解答:4

≫≫≫問題と解説の目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材