【2級FP】問23固定利付債券~2018年5月学科試験

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(生保顧客)の問題と解説

2018年5月に実施されました2級FP学科試験の問題(固定利付債券)と解説です。

問23 固定利付債券(個人向け国債を除く)

【問題】

固定利付債券(個人向け国債を除く)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 市場金利の上昇は債券価格の上昇要因となり、市場金利の低下は債券価格の下落要因となる。
  2. 国内景気が好況期で国内物価が継続的に上昇傾向にある局面では、債券価格は上昇する傾向がある。
  3. 債券を償還日の直前に売却した場合、売却価格が額面価格を下回ることはない。
  4. 債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まると、当該債券の市場価格は下落する傾向がある。

【解答・解説】

  1. 不適切。
     例えば、利率が2%の債券だとします。
    この場合、金利が上昇、例えば、3%になったときは、2%の債券を購入しようとする人が少なくなりますので、債券の価格が下落します。
    これに対し、金利が低下、例えば、1%になったときは、2%の債券を購入しようとする人が多くなりますので、債券の価格が上昇します。
  2. 不適切。
    物価が上昇すると、金融引き締め政策がとられることで、金利が上昇します。その結果、債券の価格は、下落します。
  3. 不適切。
    満期前に売却する場合、市場価格(時価)による売却となりますので、売却価格が額面価格を上回ることもあれば、売却価格が額面価格を下回ることもあります。
  4. 適切。
    債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まると、その債券を売却したい!という人が多くなりますので、当該債券の市場価格は下落します。

解答:4

≫≫≫問題と解説の目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材