問11:個人年金保険【2018年9月2級FP学科試験】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

2018年(平成30年)9月に実施されました2級FP学科試験の問11(個人年金保険)の問題と解答・解説です。

問11:個人年金保険

個人年金保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 一時払変額個人年金保険は、特別勘定の運用実績に基づいて将来受け取る年金額等が変動するが、死亡給付金については基本保険金額が最低保証されている。
  2. 保証期間のない有期年金では、年金受取開始後、契約時に定めた年金受取期間中に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、被保険者の相続人が残りの年金受取期間分の年金現価を一時金で受け取ることができる。
  3. 確定年金では、年金受取開始日前に被保険者(=年金受取人)が死亡した場合、死亡給付金受取人が契約時に定められた年金受取総額を死亡給付金として受け取ることができる。
  4. 終身年金では、被保険者が同年齢で、基本年金額や保険料払込期間、年金受取開始年齢など契約内容が同一の場合、保険料は男性の方が女性よりも高くなる。

【解答・解説】

  1. 適切
    変額個人年金保険は、特別勘定(株式や債券等により運用されるファンド)の資産の運用実績に基づき、保険金額や解約返戻金が変動する個人年金保険です。年金受取開始前に被保険者が死亡した場合に受け取る死亡給付金は、基本的に、最低保証されます。なお、年金や解約返戻金は、基本的に、最低保証されません。
  2. 不適切
    保証期間のない有期年金は、契約時に定めた年金受取期間(10年など)、被保険者が生存している限り年金を受け取ることができます。
    なお、保証期間付(10年など)の有期年金は、保証期間中は生死に関係なく年金を受け取ることができ、その後は契約時に定めた年金受取期間中、被保険者が生存している限り年金を受け取ることができます。
  3. 不適切
    確定年金は、年金受取開始前に死亡した場合は、それまでの保険料払込相当額を死亡保険金として受け取れます。
  4. 不適切
    終身年金は、一生涯、被保険者が生存している限り年金を受け取ることができます。よって、被保険者が同年齢で、契約内容が同一の場合には、平均寿命が長い女性の方が年金を受け取る期間が長くなるので、女性の保険料は男性よりも高くなります。

解答:1

≫問題と解説の目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加