問41:土地の価格【2018年9月2級FP学科試験】

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2018年(平成30年)9月に実施されました2級FP学科試験の問41(土地の価格)の問題と解答・解説です。

土地の価格

土地の価格に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地価公示の公示価格の価格判定の基準日は、毎年7月1日である。
  2. 都道府県地価調査の基準地は、地価公示の標準地と同じ地点に設定されることはない。
  3. 相続税路線価は、地価公示の公示価格の80%を価格水準の目安として設定されている。
  4. 固定資産課税台帳に登録する土地の価格は、都道府県知事が決定する。

【解答・解説】

  1. 不適切
    地価公示の公示価格の価格判定の基準日は、毎年1月1日である。
  2. 不適切
    都道府県地価調査の基準地は、地価公示の標準地と同じ地点に設定されることもあります。
  3. 適切
    相続税路線価は、地価公示の公示価格の80%を価格水準の目安として設定されています。
  4. 不適切
    固定資産課税台帳に登録する土地の価格は、市町村が決定します。

解答:3

≫問題と解説の目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!