【2020年1月FP2級】問15:地震保険

FP2級・3級試験教材

~教材購入者の皆さんへ~

2022年1月に実施されましたFP3級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

≫実技試験(資産設計)の問題と解説

≫実技試験(個人資産)の問題と解説

≫実技試験(保険顧客)の問題と解説

 

2022年1月に実施されましたFP2級の解答・解説をUPいたしました。2022年5月試験に向けてご利用ください。

≫学科試験の問題と解説

※実技試験に関しましては、もうしばらくお待ちください。

2020年1月に実施されましたFP2級学科試験の問15の問題(地震保険)と解答・解説です。

問題15:地震保険

地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地震保険は、火災保険の加入時に付帯する必要があり、火災保険の保険期間の中途では付帯することはできない。
  2. 地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度があり、重複して適用を受けることができる。
  3. 地震保険では、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害は、補償の対象とならない。
  4. 地震保険では、保険の対象である居住用建物が大半損に該当する損害を受けた場合、保険金額の75%を限度(時価額の75%を限度)として保険金が支払われる。

解答・解説

  1. 不適切
    地震保険は、火災保険等に付帯して契約する必要があります。
    火災保険の契約時に地震保険を契約していなくても、一部の場合を除き、火災保険の保険期間の中途から地震保険を契約することができます。
  2. 不適切
    地震保険には、「建築年割引」「耐震等級割引」「免震建築物割引」「耐震診断割引」の4種類の保険料割引制度がありますが、重複して適用を受けることができません。(1つのみ適用!)
  3. 適切
    地震保険では、地震が発生した日の翌日から10日以上経過した後に生じた損害は、補償の対象となりません。
  4. 不適切
    地震保険において、主要構造部の損害額が時価額の40%以上50%未満などの場合には、損害区分は「大半損」に該当し、保険金額の60%が支払われます。

解答:3

※肢3に関しましては、暗記復習まとめ集に掲載しておりませんでしたが、他の肢に関しましては全て掲載しておりました。ですので、消去法で正解できたと思います。

≫2020年1月FP2級目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    FP2級・3級試験教材