【2019年5月FP3級】問6:保険法

【お知らせ】

2021年版の暗記復習まとめ集の販売を終了いたしました。

2021年ー2022年度版の販売までもうしばらくお待ち下さいませ。

2019年5月に実施されましたFP3級学科試験の問6の問題(保険法)と解答・解説です。

問題6:保険法

次の記述が、正しいまたは適切であれば「○」を、誤っているまたは不適切であれば「×」を選択しなさい。

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者は原則として保険契約を解除することができるが、この解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から1カ月間行使しないとき、または契約締結の時から5年を経過したときは消滅する。

【解答・解説】

保険法の規定によれば、保険契約者や被保険者に告知義務違反があった場合、保険者は原則として保険契約を解除することができます。

しかし、いつまでも解除できる!というわけではなく、

当該解除権は、保険者が解除の原因があることを知った時から1ヵ月間行使しないとき、または契約締結の時から5年を経過したときは消滅することになります。

解答:〇

≫2019年5月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加