【2019年9月FP3級資産設計】実技試験:第3問

2019年9月に実施されましたFP3級実技試験(資産設計提案業務)の第3問の問題と解説です。

第3問:2019年9月3級実技試験(資産設計)

下記の問6・問7について解答しなさい。

問6:建築面積の最高限度

建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合、その土地に対する建築物の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

<資料>

容積率3級FP資産設計
  1. 300㎡×80%×6/10=144㎡
  2. 300㎡×80%=240㎡
  3. 300㎡×400%=1,200㎡

問7:土地の登記記録

土地の登記記録に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

<土地登記記録の構成>

土地の登記記録表題部(ア)
権利部甲区(イ)
乙区(ウ)
  1. 土地を最初に取得した者がする所有権保存登記は、(ア)に記録される。
  2. 土地が売買により取得された場合、買主がする所有権移転登記は、(イ)に記録される。
  3. 工場を建設する際に、金融機関から融資を受け、土地を担保として抵当権が設定される場合、抵当権設定登記は、(ウ)に記録される。

解答・解説

問6:建築面積の最高限度

敷地面積(300㎡)×建蔽率の上限(80%)=建築面積の最高限度(240㎡)

解答:2

問7:土地の登記記録

  1. 誤り
    所有権保存登記(←所有権に関する事項)は、権利部の甲区に記録されます。
  2. 正しい
    所有権移転登記(←所有権に関する事項)は、権利部の甲区に記録されます。
  3. 正しい
    抵当権設定登記(←所有権以外の権利に関する事項)は、権利部の乙区に記録されます。

解答:1

≫2019年9月3級実技試験(資産設計)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!