宅地建物取引業の免許の要否【FP過去問ポイント解説】

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

宅地建物取引業に該当する行為を行う場合には、宅地建物取引業の免許(都道府県知事の免許又は国土交通大臣の免許)を受ける必要があります。

宅地建物取引業とは何か?ですが、

「宅地+建物+取引+業」=「宅地建物取引業」となります。

ここで、「宅地とは何か?」「建物とは何か?」「取引とは何か?」「業とは何か?」を知る必要がありますが、FP試験では、「取引とは何か?」「業とは何か?」が重要です。

 売買・交換貸借
自ら当事者×
媒介
代理

この表の〇印が取引に該当し、×印が取引に該当しません。

例えば、Aさんが、自分の土地を売却するとします。これは、上記の表の「自ら当事者(売主)+売買」ですので、取引に該当します。

例えば、Aさんが、自分の建物を賃貸したとします。これは、上記の表の「自ら当事者(貸主)+貸借」ですので、取引に該当しません。取引に該当しませんので宅地建物取引業に該当しません。宅地建物取引業に該当しませんので、免許は不要!ということになります。

「代理」とは、例えば、Aさんが、自分の建物を貸したいなあ!と思って、Bさんに、「私の建物を貸してください!」という代理権を与えます。Bさんは、借主さんを探してきて、契約を締結します。Bさんの行為は、貸借の代理となり、取引に該当します。

「媒介」とは、例えば、Aさんが、自分の建物を貸したいなあ!と思って、Bさんに、媒介の依頼をしたとします。Bさんは、借主さんを探してきますが、最終的に、借主さんを決定し契約を締結していくのは、Bさんではなく、Aさんとなります。Bさんの行為は、貸借の媒介となり、取引に該当します。

「業」とは何か?ですが、

これは、「不特定多数の者を相手方」として、「反復・継続」して行うことを「業として行う」といいます。(簡単に言いますと、業務!ということになります)

【過去問にチャレンジ】

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。 ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述は、適切ですか?それとも、不適切ですか?

宅地建物取引業の免許を受けていないFPが、顧客から依頼され、業務の一環としてマンションの賃借の媒介を行い、仲介手数料を受け取った。

【解答・解説】

「マンション(建物)+業務(業)+貸借の媒介(取引)」となりますので、宅地建物取引業に該当することになります。

宅地建物取引業を行うには、免許が必要!ということになります。

解答:不適切

≫ライフプランニングポイント解説目次ページ

暗記復習まとめ集【FP2級3級】

~教材購入者の皆様へ~

【INPUT】

テキストを覚えるのではなく、暗記復習まとめ集に掲載している論点を覚えてください。

暗記復習まとめ集に掲載している論点の意味合いを知るために、テキスト完成版と暗記復習まとめ集ポイント解説で使ってください。

【OUTPUT】

暗記復習まとめ集を覚え、テキスト完成版と暗記復習まとめ集を使って意味合いを知って頂ければ、押さえるべき重要な過去問及び改正論点を押さえていることになります。

ですので、本来であれば、過去問を含め、問題を解く必要はありません。

しかし、実技試験の一部の問題など、独特な問題に対応するために、一問一答問題などを使って問題を解いてください。

【その他】

  • 併用している方は、市販のテキスト等を中心にするのではなく、暗記復習まとめ集を中心に学習してください。(市販のテキスト等で掲載していない部分も重要です!)
  • 毎日、暗記復習まとめ集を使って復習を継続してください。復習を怠りますと、忘れていきます。
  • 理解の深入りは禁物です。テキスト完成版と暗記復習まとめ集に掲載していない部分は、理解する必要はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加