【2020年(令和2年)9月FP2級】問16:傷害保険

2020年(令和2年)9月に実施されましたFP2級学科試験の問16の問題(傷害保険)と解答・解説です。

問題16:傷害保険

傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、特約については考慮しないものとする。

  1. 傷害保険では、他の契約条件が同一の場合、保険料は被保険者が男性の方が女性よりも高くなる。
  2. 普通傷害保険では、細菌性食中毒は補償の対象とならない。
  3. 家族傷害保険では、記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となる。
  4. 海外旅行傷害保険では、海外旅行中に発生した地震によるケガは補償の対象となる。

解答・解説:傷害保険

  1. 不適切
    普通傷害保険は、被保険者の年齢や性別によって保険料が異なるものではありません。
  2. 適切
    普通傷害保険は、ウイルス性食中毒、細菌性食中毒、日射病による傷害は補償の対象となりません。
  3. 適切
    家族傷害保険では、記名被保険者またはその配偶者と生計を共にする別居の未婚の子は被保険者となります。なお、続柄は、傷害または損害の原因となった事故発生時におけるものです。
  4. 適切
    海外旅行傷害保険では、海外旅行中に発生した地震、噴火またはこれらによる津波によるケガや細菌性の食中毒は補償の対象となります。

解答:1

≫2020年9月学科試験目次ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    error: Content is protected !!